casiomasasi

★twitterから
http://twitter.com/

★個人サイトで絵や文章など
http://casiomasasi.com/

感情はデザインできるのか?(How can we design human emotion?)

hiromikubota:

先日、「TEDカンファレンス」を題材にプレゼンと英語を学ぶNHK番組「スーパープレゼンテーション」に関連するイベント「第7回スーパーハングアウト of アマンダ・パーマー」に参加しました。テーマは”クラウドファンディング”。ゲストは映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』の佐々木芽生監督でした。佐々木監督は、クラウドファンディングにより2,000人近い人びとから2,200万円もの資金を集めて話題となった人で、いろいろな話を伺うことができました。

話していて気づいたのは、マスプロダクツ(量産品)をつくりマーケティングを駆使して”売る”こと自体が、曲がり角を迎えつつある

5 days ago - 161
「えごころ」のロゴ出来たよー( ´ ▽ ` )ノ ツバメが春を運びます☆

「えごころ」のロゴ出来たよー( ´ ▽ ` )ノ ツバメが春を運びます☆

5/17・18「ぬりえ」で遊べる展示します。会場限定「ぬりえ」も! イベントについて designfesta.com/ 交通アクセス http://ift.tt/1fPwmGA

5/17・18「ぬりえ」で遊べる展示します。会場限定「ぬりえ」も! イベントについて designfesta.com/ 交通アクセス http://ift.tt/1fPwmGA

【ご報告】子供ができました\(^o^)/

【ご報告】子供ができました\(^o^)/

なんか職場で店長からすら「病気」の烙印押されてるクラスのコミュ障の人と入ってたんだけど、この人は実は子持ちのメス狐で、子どもを養う為に人の姿に化けてお金を稼ぎに下山してきたって妄想してすげぇ優しく接してたら普通に仲良くなった。やっぱ想像力って大事よ

Twitter / Naoya_Dentata (via mcsgsym)

他人をある程度異種の動物として見ると、「人は人、自分は自分」という境界がうまく作れて、そのほうが上手くいったりする。逆に自分と同種のものとして見ると激しい嫌悪感やら駄目出しやらが発生し、境界を越えて踏み込んでしまったりする。

(via gscube)

(Source: deli-hell-me, via yellowblog)

今、自分の思いを外すという話をしたんですが、面白いですね。まず、自分の中に、もう一人自我を作って欲しいんですね。「あっ考えてる。ピッ!」とやる人。審判員ですね。新たに警告を与える人をもう一人作るんです。そしたら、「考え始めた・・・。」「あっ、やめた」と思うんです。

 このときに注意して下さいね。否定しないようにしてください。「あー、また考えちゃった。」って咎める。そこで、もう一人見張りが必要なんですよ。これが一番最上階です。審判員にランクがある。一番うえの大審判に置くのが、「私はもう否定しない」という審判員です。

 「すべてのことを、もう一切否定しない」という審判員。これを最上階においてください。否定しなければエネルギーが流れる。エネルギーが流れたらストレスはなくなります。ストレスがなくなったら、自然に次世代に渡っていきます。これだけ、今日覚えて帰ってくださいね。

HOLOGRAM 津留晃一講演会「空間認識」 その7 (via usaginobike)

(via a2onaka)

※薬物で時間の感覚を狂わせることで「懲役1000年」が実現できる可能性
http://science.slashdot.jp/story/14/03/24/062215/

あるAnonymous Coward 曰く、
哲学者であるRebecca Roache博士率いるチームは、「未来の技術」によって変化する懲罰の形態を探っているという。
その一つに、「薬物を使い懲役に服する期間を伸ばす」というものがあるそうだ(The Telegraph、slashdot)。

これは既に存在しているという「時間の感覚を歪める薬物」を使い、服役者の時間の感覚を遅くする、もしくは脳の働くスピードを速めることで、長い年月分の心の働きを短期間に収めるというもの。
これを利用することで、「1000年の時間の単位に値する懲役」を実現できるという。

しかし、死ぬまで閉じ込めておくことと、脳を操作して長期間の懲役を実現した後に自由にすることのどちらが道理的なのだろうか。
このような問いかけは単に「未来的」な懲罰を探るのではなく、未来の目から現在を見ることで懲罰の道理を再考することが目的であるとのことだ。

薬物で時間の感覚を狂わせることで「懲役1000年」が実現できる可能性 - ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー (via darylfranz)

(via atm09td)

もうひとつは「自分達が新人の頃はもっといじめられたもんだけど」っていうの。基本的に日本の看護システムというのは軍隊がモデルになっているので、新兵
イジメというのはもう伝統芸みたいなものだったりする。しかし最近の風潮としてはそういう指導はしない方向になってきているらしい。他の病棟の様子はよく
知らないのだが、とりあえずうちの病棟ではあまり厳しくは言わない。そんな風に新人をイビリ出してしまっていたらいつまでたっても自分達の仕事は楽にはな
らないし、何よりおどおどびくびく萎縮しながら働かれて何か失敗でもされたら、うちのような生命維持装置がフル稼働しているような病棟では重篤な事態に陥
る可能性が他の病棟より高い。まあ実際のところは、まともな大人同士が働く場合に必要なマナーを守った話し方をしましょ、というだけのことなんだけど、そ
れがなぜ今まで「看護婦」の世界ではまかり通ってこなかったのかという不思議。明らかに普通の社会人がするようなものの言い方で意思伝達をし、指導をして
こなかったかってことだから。

漂流生活的看護記録 : Why nurses eat their young (via takaakik)

(via tra249)

・相手が違う意見でも、「この人は私と違う考えなんだ」ということを認めるだけで、流されないこと。わざわざ自分の正義を証明する必要もないでしょう。

『感情の整理ができる女は、うまくいく』 - 紙魚 (via bochinohito)

(via tra249)

頭を下げて守れるものもあれば、頭を下げる故に守れないものもございます。

千利休

権力に屈すれば己の茶が穢れる

千利休 - 頭を下げて守れるものもあれば、頭を下げる故に…

(via tasteful) (via lovecake) (via yaruo) (via gkojax)2009-08-27 (via gkojay)
(via:konishiroku) (via kuenishi) (via handa) (via appbank) (via yaruo) (via sironekotoro) (via onaniena) (via gkojay) (via k32ru) (via highlandvalley) (via moja-moja) (via nun156848) (via elice-shiyou) (via m1h0) (via ibi-s) (via toriaji) (via konishiroku) (via hirotamaki) (via hepton-rk) (via sunsyun) (via magurohd) (via zengame) (via do-nothing) (via atm09td)